福尻


170424-1.jpg

わが家は昔から肉球の間以外、毛をカットしない方針だった。が、福ちゃんのお尻はもっさもさで、汚い話だが結構な割合でウンコがつくため、その度に洗うのが面倒なのでちょっとカットした方がいいかもね、ということになった。

170424-2.jpg

カット中(嫁担当)の福ちゃんをさめた目で眺める大吉。

170424-3.jpg

はい、出来上がり。滑らかさに欠けるが、別に見た目重視ではないので、これで充分。しばらくようすを見てみよう。

170424-5.jpg

なぜだろう、見ているだけで顔がにやけてしまうのは。














<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
「定められた愛情の量」


<お知らせ>
『カヤックフィッシング奮闘記』も更新されました。
イワシの群れと遭遇!!



あと、デロリアンズ通信Vol.226を配信しました。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

か、かわいい♪柴犬のおしりみたいです♪

福ちゃん、すっきり☆

母ちゃんにカットしてもらって、福ちゃんごきげん♪  4年前虹の橋に渡ったワンコを、私にトリミングの腕があったらカットしてあげられたのに…と、思い出しました。 「へへん♪ 母ちゃんにカットしてもらったんだよ~。 兄ちゃん、どお?」なんて、大ちゃんに自慢しているのかな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

家の亡きわんこ、シーズーから生まれた、福ちゃんにそっくりな♀風と申しまして…成長過程の姿も大人になってからの毛並みもそっくり。
私がトリミングしていたのですが、リボンをつけたりするのは嫌いだったので、うちでもお尻としっぽの毛をカットしてました(^^)
あ、あと肘先の飾り毛も汚れがちだったのでカットしてました( ^o^)ノ

福ちゃんに会いたくて、毎日ブログ、拝見しています。
今はペットが飼えないので、我慢の毎日です(´Д`)

あははは

うちの子も同じ理由で、同じカット技術により、同じお尻になって何食わぬ顔して歩き回ってます。
なんかね〜ニヤニヤしてしまう。

No title

うふっ♪
スピッツもお尻をカットすると同じような感じになります。なんともカワイイんですよね。
本犬はスースーしたりしないのかしらね。
フワ尻とはまた違う魅力です。

No title

となりで突っ伏してるアヒルっちのおしりと同じ感!
見た目重視ではないと言いながらお嫁様に、なんやかんやと注文しとる父ちゃんの声が^^聞こえる気がする。

もも尻

うちのコーギーの おしりにそっくりです
しっぽはないけど

おちり♪

んふふ。なんでだかわからないけどにやける。
わんこのお尻はかわいい(←ヘンタイか)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ハシビロトート届きました~。もう本当嬉しくてトート見ながらニヤニヤしています。
私は運良く購入できましたが、欲しい人はたくさんいると思います。穴澤さん、もう300作ってはどうでしょう?って万が一在庫になっても責任持てないけれども。笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.101

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)