ジャワ紀行4


せっかくインドネシアに行ったのに、車と料理の話しかしていない『ジャワ紀行』。実は、観光チックなことも多少はしたので今回はそんな話でも。プロボリンゴという街から車で一時間半ほどのところにインドネシア有数の絶景スポットがあるというので、そこへ向かったときのこと。

100802-1.jpg

しかし、細い山道でも例のイケイケ運転は健在であり、何度も対向車にぶつかりそうになるうち、「この先にある絶景とは、もしかしたらあの世のことだろうか」と思ったのだった。そうして異国の大地に骨を埋める覚悟を半分しかけていると、頂上に到着。

100802-2.jpg

でん。左の山が「ブロム山」。標高2270m、今でもちょこちょこ噴火を続ける活火山とのこと。「ほぅ、なるほどねぇ」と眺めていると、実際にあの山へ登るという。しかも、ここからは現地ガイドの四輪駆動車に乗り換えて、さらにその先からは馬に乗って、火口付近まで登るのだという。まじかいな。

100802-3.jpg

で、実際その通り登ってきました、という話。たしかに絶景でした。見渡す限りの壮大な景色。印象としては「西遊記(夏目雅子バージョン)」の合成景色が本物になった感じ。ただ、馬に乗って山を下るあたりから「なんかお尻がヒリヒリするなー」と思っていて、ホテルに戻って見てみたら、尾てい骨あたりの皮がぺろんとめくれていたという。どうも乗り方が下手だったみたい。絶景は凄かったのだが、風呂場の鏡で自分のお尻を確かめている、というのもなかなか切ない光景だった。というわけで、皆さんは絶景の写真をお楽しみください。

100802-4.jpg



100802-5.jpg



100802-6.jpg



100802-7.jpg



100802-8.jpg



100802-9.jpg



100802-10.jpg



100802-11.jpg

つづくのか。









<連載>
『A・S・O・M』が更新されました。

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい!
そして、切ないレポ、ありがと!

馬小さい気がする。
あ、父ちゃんが大きいから小さく見えるのか。
そーかー・・・

つづくのか。

穴澤さん、おはようございます!!

疑問形?つづくのか?
とぉちゃん。
気分次第?

もうすぐだね~。ライヴ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

つづくのか?

どっちの意味なんですか?もちろん つづくんですよね。
インドネシア 想像していた景色とは少しばかり違うような。
もっとジャングルみたいな、なんか もっと未開な土地で、原始人に近い人達がいてみたいな土地かな と思っていたんですが。

日本に帰って、お尻の皮は復活したんでしょうか?

お尻

も軟弱だったとうちゃん、続きも期待してるよ~。

あの世へ行かなくてなによりです。

乗馬になれていない人はおしりの皮がむけるって、ホントだったんですね。
痛そうですけど、その後はふつーに座ったりできるのですか?

バリ島とはぜんぜん違いますね。同じインドネシアなのに。。。
それより、藤田先生は??
父ちゃん好きだけど、藤田先生も好きなんです!

なんだか。。。。。

久しぶりのインドネシア写真だけど
「大いなる殺風景」って感じですね。
日本だと絶対あるお土産屋さんが無いのね。

最初の動物写真が、、、馬。
ウマ? うまぁ?? これが???
確かに顔はロバじゃないけど、足が足りん。

とうちゃん、お土産はヒップの傷だけですか?
カエル、弾けない楽器、変な仮面とかあるでしょ。
決して笑わないから見せてよ!

ねーねー

父ちゃん、オチはー?

やっぱ最後は父ちゃんのお尻ペロンじゃね?(笑)。


わ~い

父ちゃん 確かお馬さんは二度目だったよね。 一度目は富士丸と行ったよね。 
そ~か  剥けちゃいましたか・・・痛いんだよね これ!
私も乗馬 最初のころ力入りすぎてやっちゃいました。 姿勢正しく無駄な力抜いて馬の揺れに身をまかすのが 良いかと・・・
おっと  父ちゃん身のまかせかたなんて  わかんないよね。  笑
ともかく  軟膏ぬって 早く治すよ~に     

だよね  丸!  

おちりひりひりっ

私もハワイで初めてお馬さんに乗ったとき、おちりが赤くなりました。
たぶん、鞍の堅さに慣れてないからなんでしょうね。
観光ツアーやったんやけど、あいつら客の言うことなんが全然聞いてくれなくて、先頭を走るガイドさんが走ると一緒にスピード出して走る走る。
どれだけ綱を引こうが鐙を閉めようが無視。落ちんようにしがみついているのが精一杯でした。当然、おちりはいたた。

モノクロ写真がステキですね。

肩は大丈夫でしたか。

たしかに「西遊記」!

ほっと一息のコーヒーを、吹きそうになったってばっ!!ぎゃははっ!
絶景なんだけど、なんか怖いとこですね~~
「こんなとこに一人取り残されたら、死ぬな。」とか、考えませんでしたかぁ?

想像外の観光地ですね。
おそるべし、インドネシア!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

続いてほしい。

実際に見たらすごい絶景なんでしょうね。
こんな小さい馬。かわいそうな気もするけど。
私も乗馬マシンにのっておしりの皮がぺろりんとズルむけた事あります。
父ちゃん鏡で見ちゃったの(笑)、しばらくの間お風呂につかったら痛かったでしょう。

「この先にある絶景とは、もしかしたらあの世のことだろうか」

なんて怖い事を…楽しい旅のようで、なんか父ちゃん冷めてるような…馬さんの顔も冷めてるような…
きっとお尻の皮を厚くすれば、熱い男になれるよ!

あらまー

お馬さんが小さく見えるのと、
父ちゃんの、ん?って感じが、なんだか可愛く見えました☆

お尻、痛かったですねぇ
(>_<)

景色が壮大…。
国内にも、景色のいい場所はいっぱいあるけど、
もっと、視界を広げないとなーと思いました。

《海外未経験の私…》

インドネシアだから密林を想像、ヒルや巨大な虫に血をすわれ、森の奥に棒を振り回し突き進んでいく、ちやんを想像したらあららまったく緑がない、馬が小さくてなんか可哀想なかんじ
続きをよろしくね。

かわいい馬ちゃんですね。
体重の重たい人だったら馬ちゃんも大変。
穴澤さんで良かった!

白黒写真、恐山を思い出した~

イケイケ運転(笑)

山道でイケイケはさらに怖いですね!ハンドルが派手やなぁ。。w
なんだか階段とか建物が仏教っぽい??荒涼とした風景に馬に乗って登っていたら、ガンダ~ラ~♪って聞こえてきそうです(笑)
鏡で確認してる姿を想像して吹きましたw
A・S・O・M読んできました!。。父ちゃんがミューズって意外やな~って思ってましたが、、そこかい!!頭悪い感じて(笑)↑みたいなところは行けるのにね~w 

つづけー。

夏目雅子バージョンの「西遊記」が出るあたりは笑ってしまった!
でも、すごくよくわかるよ、うんうん。

写真を見てさらにびっくりー。
すげー!すげー!
いいなぁー、父ちゃん、いいなー。

お馬ちゃんに乗ってる姿はかわいいぜ。
馬っちゅうか、ほとんどポニー(笑)

おしりがとっても哀しい事になったみたいで・・・ぷぷっ!
シャワー、辛くなかったですか?

もっといろんな写真みたーい!
まだ終わっちゃダメよ。

西遊記。

♪ガンダーラ、ガンダーラ♪
歌ってしまった・・・(^ ^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うふふっ

バスルームで鏡にお尻を向けてる姿、想像しちゃいました~!
可笑し過ぎる!!
この世とは思えない絶景を楽しむには、それなりの苦労があるんですね。

可愛い~

…馬が、です(笑)
おとうちゃん、へっぴり腰ですな(;´д`)

インドネシアでも森林だけじゃなく、色んな風景があるんですねー。
西遊記!ホントにそんな雰囲気ですね。
(夏目雅子さんのおっしょさん、綺麗でしたねー猪八戒はやはり西田敏行さんじゃないと)
趣味でない、交通手段としての乗馬ってスゴいですお尻は回復されましたか?
ジャワ紀行、ぜひ続けてくださいね写真もたくさん見たいですー。

毎日お仕事が終わってから、ギターの練習でしょか。。サクラマス、わくわくドキドキです♪あと5日~!
お洒落して行きたいのですが、暑さでお化粧もどろどろになりそうな予感…

mamekoさん、報告会は「茶寮あきもり」でしょか?

あれれ

馬、ちっこいですね。
バランス わるっ。
そうですか そうですか、お尻がね、めちゃくちゃ 痛かったでしょ。お風呂場でひとり ひりひりを確認の写真はないのですかね?あるわけないかっ。それにしても インドネシアにこんなところがあるんですね。緑がない。不思議な景色です。
どうか つづいてください。
楽しみにしてます。

最高!

すごい所ですね。
山に何かあると思ったら立派な階段じゃないですか。
あんなのを上り下りしたら膝やられるね。
まわりに草木がないのは活火山だから?
で、最後の写真笑えた。せっかくの見せ場だったのに!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

西部劇みたいで父ちゃんかっこいいね!

つづくのですよ

藤田先生の話まだなんにもないよお└(T_T;)┘

確かに♪

絶景♪

父ちゃんの尾てい骨載ってなくて残念…
(-"-;)

お馬さんとの

2ショット写真の父ちゃんのお顔が
富士丸くんが、ため息ついた顔に
そっくりです。
絶景とはいえ、殺風景な絶望的風景っぽいですね。つづき期待してます。

絶景っ

きれい!!!!
とおちゃんとうまーーー

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

続いてちょ~♪♪

さすが身長190センチ超えの父ちゃん!!(笑)
お馬ちゃんが小さく見える!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うま…?

たしかに馬にしては小さすぎのような…。
ポニーかロバか?はたまた馬の着ぐるみの現地人?

“夏目雅子バージョン”とか“イケイケ”とか…完璧昭和を生きてますね。バリバリ~とかも使っちゃって~。

4枚目の写真て父ちゃん?それとも現地の人?
どう見てもそれ父ちゃん帽子ですよね。。。
おケツお大事に…。

かわいい馬ととうちゃん♪

火山はやっぱ大変そうなとこですね。階段は人力かな。結構しんどそう。
尻肉がないから剥けるのかな。。
馬ととうちゃんきゃわゆす♪
つづいてちょ☆

つづくでしょ、もちろん

藤田教授とのエピソードが全然出てきてないですよ。楽しいナイトライフとか、ちょっぴり色っぽいお話もあるでしょ。「もふもふ健康相談室」に載ってるみたいな。お尻、お大事に。

ヽ(;´Д`)ノ

と、父ちゃんのお尻の皮が・・・
あとモノクロの写真、恐山っぽくみえるんです・・・・・・
あーいう場所はないんだけどなー

んふっ

想像しちゃった。

このところ、怪我おおいですね

尻の皮、めくれましたか。
その写真がないことに
ほっとしているが8割、
あと2割は・・・なんとなくがっかり。

お大事に。

でもこの絶景・・・
火山が噴火しないか心配ですが
生でみたいですね~。

ところで続かないんですか?

いいっすね~!

穴澤さんの書かれた事に対するコメントってなぜか不思議!かなりの頻度で「me too」なんですもん!

西遊記で、「ガンダ~ラ♪ガンダ~ラ!」って私の耳の奥でタケカワさん歌っていたし、
この写真みて、私も「恐山?」行った事ないけどって思ったし。

おちりの「痛い痛い」って感じは、もぉお気の毒って
しかゆえません。

「みなさん、絶景の写真をお楽しみ下さい」って
あったから、鎖骨の時みたいに自分で写真撮って
アップするのかと、ドキドキしたさぁ~(≧ε≦; )

さて、ぷぷさん
mamekoさん、報告会は「茶寮あきもり」でしょか?
に返信します。
「いいっすね~!」

お尻…大丈夫ですか?キャッ(照)

西遊記大好きですよ~!ホント西遊記に出てきそうな場所ですね!もう頭の中ではガンダーラがエンドレスしてます(笑)私は夏目雅子のおっしょさんが一番好きです☆小学生の頃、九州では夕方に再放送があったので西遊記に間に合うように急いで学校から帰って毎日見てました(笑)猪八戒が左とん平に変わった時はちょっとショックを受けたりもしましたが(笑)しかしお馬さん、ポニーサイズ…?可愛いですね♪お尻大丈夫ですか??お風呂とか痛そうです~お大事になさってくださいね!

ショッカーは??

夏目さん演じた美しいお坊さんも浮かんだけど
仮面ライダーのロケ地にも似ている場所がありましたぁ
ショッカーを探したもん

ガイドブックで観る景色とは、ふた味くらい違って素敵です
カメラマンの腕だわね・・・
嬉しいですか?

穴澤さんのお尻確認?
想像してしまったわよ
まっ、穴澤さんだから御愛嬌って事です!

綺麗

おしり大丈夫ですか(笑) やっぱり馬に乗るって大変なんだ。 でも絶景を見ることができて良かったですね。 来年も先生から行こうとお誘いがあれば参加しますか?

ぺろんって

痛そう… 
お疲れ様でした、お馬さん。←そっち?
 とうちゃんの、若干「きょとん」としたお顔がウケました。
 いよいよライヴですね!出演しないのに、始まる前にお腹が痛くなる迷惑オーディエンスの私です。誰のライヴでも何故かそうなんです… 一服盛っておきます。(コワい)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

期待

とうちゃんの影響で藤田教授の著書を読みました。
なんでも教授はインドネシアの海を三日間飲まず食わずで漂流したことがあるとか・・・。ジャワ紀行続編への期待がたかまっておりま~す。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うおー!

すっげー!!
いいもの観てきたね。
異国に行った甲斐もあったというもの。
確かに夏目雅子ヴァージョンの風景だわ。
いや、すごいわ。
ずっと海外旅行してないから、こういう絶景写真観られてうれしかったー。
ありがとーう。

でも、お尻、だいじょぶ?
だから馬の上で、切なそーなお顔なの?
まだ痛い?
お疲れ様(^^)。
んで、つづくのか?

お馬さんが小さいの? 父ちゃんがでっかいの? すごい所ですね~ 今ではなんで昔あの時、馬に乗ったのか思い出せない小さいときの記憶があるのですが、高くて落ちそうですごく怖かったな~ でも今は機会があれば乗りたい。

できればハリウッド制作の、クラシックな西部劇で、かっこいいガンマンの前に女性が横のりするやつ。 あんなのしてみたい。 きゃあ ロマンチック!  

トイレは?

 トイレが近い私は、観光地にトイレがあるか、ないか、で行くか行かないか、を決めます。見る限り何もなさそうだけど、父ちゃん我慢したの?お馬さんに揺られたらよけい行きたくなりそうだけど・・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほう、なるほど。

の先がありましたかー。お馬に揺られてお疲れさまでした。絶景を体感するにはやはりそれなりの犠牲もねぇ…。オシリお大事に

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お馬さん、かわいいですね。後頭部の写真見てたら富士丸君の後頭部を思い出しました。
父ちゃん、お尻お大事にしてくださいね。今はもう痛くないですか?

こんばんは

絶景スポットに向かう車からの景色が飛んでいます、こわい運転だったのですね。この時点できっと「お尻様」は少々痛い目にあっていて、さらにお馬さんで痛い目にあって「ぺろんっ」ですかね、ちゃんと写真をのせてくれないとー、、父ちゃん。
観光地の絶景スポットというと「森の緑か海の青かイルミネーションのどれかと思っちゃうワタシ、、でも父ちゃんが向かったところは痛そうな所に見えました。
今までの反省をするにはもってこいのところだったのではないでしょうかー、、そう見えるんですってー。。父ちゃんとお馬さんが途方に暮れているように見えるしー、でもかわいいです、ふたりとも。
「つづくのか。」ってー、、こらこらっ、ワタシに言わせるのですか、あたりまえやん。まだまだいろいろ報告せな許さん。
今日も暑かったですね、もうすぐライブですね。ゴリちゃーん、じゃね。

流れてますね、確実に。「ガンダーラ」が。

今は亡き芥川さんのナレーションで、
「それは次回の講釈で」てな声まで脳内再生いたしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちなみに、

西田敏行が番組を降りた理由は、お子さんが「お前の父ちゃんブタ!」と虐められたかららしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

えええっ!?

ここで終わるかぁ~(泣)
でかお・・・どうなったんだぁー?
ああ、あさってが待ち遠しい。

いきなり「うながっぱ」ネタから入るあたりは、父ちゃんらしい(笑)
よっぽど気に入ったんやね!

極暑の多治見なのに、こんな施設ではきっと熱中症になる子もいるんでしょうねぇ。
心配だわ。

うう、でかお、かわいい・・・。

ここ、ほんとに登るの?まじかいな。という気持ち、共感できちゃいます。でもすごい景色、見せてくれてありがとう。

お尻お大事にね。違う意味に聞こえるけど。

お馬ちゃんのサイズが微妙ですね。
よく見えませんが、おそらく素っぽい父ちゃんの表情、ウケました。

そんな絶景を目の前にしたら、大声で叫びたくなりませんでしたか?

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.101

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)