変わらない想い


151001-1.jpg

この前ちらっと書いた『犬と暮らす家がつくりたい!』の冊子が届いた。これはウェブでやっていた連載をまとめたもので、ダイワハウスと私がどこにこだわったかということが写真や図入りで載っている。

151001-2.jpg

冊子の製作はおまかせで私はノータッチだったのだが、大福コンビに吹き出しが付いており、大吉は優等生っぽく、福ちゃんはちょっとお馬鹿キャラになっているのが新鮮で面白い。『コチラ』の下のバナーから資料請求すれば無料でもらえるそうなので、ご希望の方はどうぞ。

151001-3.jpg

送ってもらった冊子には、チームジーヴォの皆さんやこの企画に関わったダイワハウスの人からの手書きメッセージがあった。中でも5年前の富士丸とのプロジェクトの責任者でもあった金田さんのメッセージにはじーんときたなぁ。本当にやりがいのある仕事だった。連載を読んでくださった皆さんも、どうもありがとうございました。

151001-4.jpg

今日であれから6年か。





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

是非!

読んでみたい、金田さんのメッセージ。
今日は晴れ丸とまではいかないけれど、何とか洗濯物も干せるぐらいのお天気です。
毎年同じことを言いますが「丸く~ん!今でも大好きだよ!」

No title

「まだ」なのか「もう」なのか…。でも今では二人の弟も居て喜んでいると思います。
丸ちゃん、元気に走り回ってる?もうすぐ大好きな雪の季節だよ。弟たちにもその楽しさを教えてあげてね。

こんにちは

早いですね。あれから6年ですか。

今でも、丸くんのことは忘れられません。
一度、イベントでお見受けしましたが、
人なつっこくて、毛並みが綺麗で。

スマホの画像フォルダに写真があるので
たまに見ます。


天国で幸せに暮らしていると良いですね。

ん?

ところで、何で福ちゃん、大吉にまたがってるの?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

やっと家のローンが終わって
もう家建てるの無理だから資料請求できなかった(>_<)
青空見ながら思い出してました。
昨日まで雨だったのに晴れ男だね~本当に。

No title

犬と暮らす家・・・
連載中、リビングの写真を見て、
じ~んとしました。
そうだよね、丸君から始まったんだよね。

毎年10月1日は、必ず思い出します。
忘れ得ぬ存在です。

丸君、大ちゃん・福ちゃんを宜しく見守っていてね。

いつまでも

いつまでも、丸兄ちゃんは穴澤家の大事な家族ですからねっ!連載は全て読ませて頂きましたが、パンフレットも見たいなー。(家建てる余裕なんて無いけど)
ところで、今日の大福兄弟は『抱き枕』になっていますがこの時だけ?

早いような、もうのような

6年たってるのですね。
私の中では時間の流れが感じられない6年になってます。

他の事では歳をとった実感はあるんですけとけどね。

6年前も台風きてたなぁ‥

あれから6年

穴澤さんのブログ更新が突然途絶えたのを
今でも鮮明に覚えています。
6年たって今は大福コンビが穴澤さんのそばに。
私は4年前に愛猫を失い、いまだにそばには犬も猫もいません。

そうですよね

いつまでも想いは変わりませんよね。

No title

あれから6年がたつのか…我が家のワンは、富士丸の歳を越しちゃった…でも、いつか来るんですよね…富士丸と同じ境遇で生まれた我が家のワン。 何もできないけど、我が家は美容室なので、本棚に富士丸の本置いて見てもらってるよ。その本もだいぶくたびれてきている。6年もたつんだもんね…

一人掛けソファには

大ちゃん福ちゃんの視線をたどると、丸くんがどっかり収まって寝起きの顔でカメラを見つめている気がします。

福ちゃん、大ちゃんは君のクッションやないよw

うん

6年か・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そうかぁ、あれから6年ですか・・
あの時は、突然に更新が途絶えて、なぜだろう?と思っていました。
改めて、丸くんのご冥福をお祈りいたします。

ウチの子は、富士丸よりひと月ちょっとあとに旅立ちましたので、あちらで出会ってたらいいなぁ。一緒に遊んでたらいいなぁ。でも、ウチのは犬付き合いが苦手だったから、どうかなぁ。。。なんて、いつもこの時期になると考えます。私は、新たな子は迎えてませんので、大福コンビを見せていただき楽しませて頂いてます。これからも、楽しませてくださいね。

No title

6年...
あの日、更新が途絶えていた穴澤さんの文章から飛び込んできた衝撃の文字
『うそ...』としか言葉が出てこなかった
あの日から6年...
今は天上で走り回ってあの笑顔でいるんだろうな
紫のレインコートを着た魔女っぽい丸くん...また見たいな

家を建てる余裕はないけど資料請求してみようかな

富士丸君

今日は命日ですね。
分かりやすい日になくなっちゃて。
ああ もうこの世に富士丸いないんだーと思うと
どこでも泣けてきて困ったものでした。
だから、父ちゃんちに大吉君が来た時すごくうれしかった。
他人の自分でもあんなに悲しかったから
父ちゃんなんか もうぐちゃぐちゃで世捨て人になっちゃうんじゃないかと思ってたから。
今は、福ちゃんちゅう怯えた子犬から陽気なタヌキに変身した子と大吉の多頭飼いで奥様もいてはる。
父ちゃん、6年短い間にすごい成長しましたよ 富士丸君。
なんちゃって、富士丸 ダイスキデス!

6年ですか……

もうそんなに経ちましたか。
丸くんはきっと、虹の橋から穴澤ファミリーを見守ってくれてますよね。

No title

早いですね。
いまもたまに富士丸ブログを見返しています。
会いたいなぁ。

No title

大ちゃんも福ちゃんも好きだけど
やっぱり富士丸は特別な犬だった。
ココで知り合ったヒトたちは
ずっと昔からの知り合いのような
今では大事な友だち。
それもこれも全部富士丸のおかげ。
そんな富士丸をかわいがってくれてた父ちゃんのおかげ。
どもありがとね。

コメント入れるの、もう百万年ぶりでキンチョーしちゃったよ。

もう6年!まだ6年!?

そうでしたね、私にはもう6年の気持ちが強いけれど、皆さんはどうなのかしら?
いろんな感情が交錯しながら、大ちゃんと福ちゃんがソファーに寝そべる……
いいなあと思います。残った者は先に行った者の分楽しむべきなのでしょう。

まるちゃん皆を見守ってね、頼みます。

No title

そうか6年経ったんですか。
あれから私自身も色々あって、人生の転換期でした。
でもね丸ちゃんは初恋の犬だったから、今でも変わらず大だーい好き。

No title

6年あっという間ですね。
でも今でも忘れられない10/1ですね。
富士丸くん6歳の10/1はあんなにのんびり寛いでいたのに。
思い返すと切ないことばかりですが、大福コンビに心配させないよう「ぐわしぐわし」と撫でて?あげてください。

6年・・・

早いような、長いような。
今でも梨を食べるとき、梨園に行った時の丸君の写真が浮かんできて、ああ、その季節だなあって思います。
丸君、いまも、いつまでも、好きだよ!

富士丸に会いたいなぁ。今日は大吉さんと福ちゃんの隣でデビルマンみたいな顔して、お話聞いてるかも。

No title

6年前、会社でブログを見て涙が止まらなかったのを
思い出します。もう6年もたったのですね・・・

もう?まだ?

ああ、今日がその日でしたね。忘れるはずもないはずなのに、おばちゃんは……
ゴメンねまるちゃん。

でも、とうちゃんには忘れられない1日だったよね。だから忘れなくていいのだと思います。大ちゃんも福ちゃんもとうちゃんとまるくんのことはわかっているのではないかしら。

No title

うん!
変わらない 6年たっても!

いつまでも…

時が経つにつれ、深まる悲しみがあります。丸君への想いは私も変わりません。6年前はまだ知らなかったお別れ…あの時の不安で震えた日々…。お空で丸君に会ったら、ぎゅ~って抱きしめて、匂いをいっぱい嗅ぎたいよ!

No title

半年前にうちの犬が空へ還りました。
タイトルを読んでパソコンの文字が見えなくなりました。

だからこそ、
自分の犬が残してくれたものがかけがえのないものだからこそ、
家族の居ない犬や猫、
よそのおうちの犬や猫も愛しく感じるのですね。
穴澤ざんのこのブログでいつもそれを感じます。
丸くんの息遣いを感じます。

うちは今から保護犬猫たちのごはんの時間なのです!

早いですね

長い時間が経ちましたね。
いつもと同じように朝が来て…。

突然の別れは、悲しすぎます。
丸君の精悍な顔つきが好きでしたよ。

ところで、福ちゃんの顔つきがちょっと変わってきましたね。

忘れられない

あれだけ父ちゃんに愛されて、
数えきれないくらいのファンがいて、
しかもいまだにみんなの心の中に生き続けて。
丸くんは本当に幸せですね。

6年前、井の頭公園でのお別れの会に行きました。
町のお花屋さん3軒分くらいのお花に囲まれてた
丸くんのパネルと父ちゃん。

いま、父ちゃんが大福に囲まれて幸せで、
私もとても嬉しいです。

No title

6年ですね…
長かったような、短かったような…
その間に、色々な事がありましたね。
大吉と福助を迎えたり、父ちゃんが結婚したり…
富士丸も空の上で、きっと喜んでいると思います。

そうですね…6年なんですね

私の母も6年前の9月20日に亡くなり悲しみに暮れていた時の、突然の丸ちゃんの訃報… 更新が途絶えて嫌な予感はしてたのですが、他のblogでそれを知り、まさかと思いながら父ちゃんのblogに飛んで来た
見た瞬間にボロボロ泣いたのを思い出します
先日母の七回忌を済ませました
丸ちゃんも七回忌だね
6年経っても丸ちゃんはみんなの心を掴んだまま
これからもずっとそうだと思う
丸ちゃんずっとずっと大好きだよ!

No title

>>今日であれから6年か。

「もう」でも「まだ」でもないのですね…。
変わらない想い、大切だと思います。

きっと今日は富士丸君の事を沢山の人が想っていると思います。
私もその中の一人にさせてください。



永遠の富士丸

もう6年なんですね。しみじみ・・・。
訃報を読んで、大泣きしましたっけ。
その時、デスクの前に貼ってあった富士丸の笑顔の写真2枚は、今もそのまま貼ってあり、今でも、毎日、富士丸から元気をもらっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

富士丸、穴澤家は、二人と二匹になったよ。
梨の季節になると毎年お前さんの事を思い出すよ。
富士丸、今も大好きだよーー‼

No title

6年前父ちゃんのブログが途絶えてからズーッと不安でいっぱいになりながら更新を待っていたっけ。今でもあの時の重苦しい気持ちははっきりと覚えています。
自分の家の子じゃないのにあんなに辛かったのは丸くんだけです。
一度でいいから会ってみたかったなあ。

丸くん、天国で幸せに暮らしてね。
ずっとずっと丸くんのことは忘れないよ。

No title

最後の一行で
ぶわわわ~~っと泣けた。

そうだった。6年前の。

この1週間ほど、実家の母の病状の悪化や、
家族として今後の治療方の選択やら、
気が張り詰めていて、
ちっとも出てこなかった涙が
一気に出てきたよ。
こんな事、父ちゃんに言うことじゃないんだけど。

丸に会いたい会いたい
丸のとこに行ってくる。

No title

もうなのか、まだなのか
6年なんですね...
あの時は父ちゃんのブログ読んで、大号泣して次の日顔がパンパンになったのを思い出します。
そしてみなさんのコメントを読んでまた涙...
丸さんは永久不滅ですよ

No title

だいじょぶ。アニコムの雑誌(伊豆旅行)で丸ちゃんと父ちゃんを初めて知ったときと想いはかわりませ~ん。まだ持ってるし。大事に大事に。
父ちゃん大人になったねって丸ちゃん安心してるでしょうね^^ふふ、あの頃はまだ棒みたくひょろんとしてて少年ぽかったですね。。

富士丸ちゃん

富士丸ちゃんは立派な犬という外見の人間だったから、早く神様が御呼びになられたんだよね。たまにはお父さんのところに出ておいで!

6年ですか

もう6年、まだ6年・・・。
うちのわんこも、そして私も6歳年をとったんですね。どうりで疲れが取れないわけです(笑)うちのわんこ(もうすぐ12歳)も、散歩の距離がぐっと減り、寝ている時間が長くなったな。まだまだ元気ですが。
大吉君も福ちゃんも、毎日元気に過ごしてね。
富士丸く~~ん、元気でやってますかぁ。

No title

今朝起きた瞬間、なぜか富士丸くんを思いました。今まで、時々ブログを拝見して、2、3回コメントさせていただいてただけなのに、え?なんで?ってほんとにびっくりしたのですが、今日ブログを拝見して、命日と気づいて、また驚きました。
ブログファンや富士丸くんファンのところに、富士丸くん、まわってくれているのかもですね☆
なんだかお伝えしたくてコメントさせていただきました。

No title

ふじまるふじまるま~るまる♪
6年? そうかあ。。。
なにわともあれ
デロリアンズがいて幸せ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

もう6年たつんですね。忘れたことないです。忘れられないしね。丸ちゃんはいつもみんなの心にいますよね。

No title

もしもあの日あんな事がおきていなければ、きっと今頃山の家でひとりと一匹で暮らしていたわけで。。(イメージでは穴澤さんはいまだ独身)
そうしたら大福ちゃんたちにも逢わなかったかもしれないわけで。。。
人生って残酷でもあるし不思議でもあります。

6年

富士丸くんのことは忘れられません。

実際にお会いしたことはありませんが、今でも
思い出すと涙がでてくることがあります。

天国でも幸せでいてね、丸くん。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このブログ見てる人はみんな丸くんのこと大好きなんだね。そして大吉くんとたぬきくんのことも💓うちのころころも旅立って1か月半、父ちゃんが本で「部屋の片隅に毛がおちてた」とか「ときどきは夢に出てきて」「散歩コースが辛い」って書いてたこといま体感してます。

No title

早いねぇ・・・
富士丸の顔を思い浮かべて梨食べよう(*´∀`)♪

ふじまる

もう6年。
あの方のことは片時も忘れたことはないです。
とおちゃんが幸せに暮らしていること。
新しい家族に囲まれていること。
すべてをハシビロコウさんはあたたかく見守ってるんだろうな。
梨、食べてるかな。

絶対の絶対の絶対に富士丸のことは忘れません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

6年

あれから6年も経つんですね。
ほんと皆さんじゃないけど早いですね。
お別れの会とても寒かったのを覚えています。
1度だけでしたが丸ちゃんに会えてとっても
嬉しくてどきどきした事を想い出します。
これからもずっ~と穴澤さん親子を見守って下さいね。

丸くん、大好きだよ。

変わらない想い!
このタイトルを見ただけで、涙が出ました。
私は丸くんが亡くなってから、丸くんととうちゃんを知ったのですが、とおちゃんが発信した数冊の本の全てがあまりにもインパクトが強く鮮明だったのでまるでリアルタイムに丸くんを知っていたかのような錯覚を覚えました。
こんなにも愛し愛された犬と飼い主がいたことに心が震えました。
私は最愛のシルちゃんが亡くなり何も手につかず虚しくてたまらない日々を過ごしていたので、とおちゃんと丸くんに自分とシルちゃんの事を重ね合わせて吸い寄せられるように丸くんにのめり込みました。丸くん、大好きです。
とおちゃん、この6年が本当に長く感じられているのでないですか?私は1年半ですがもう7.8年たったような気がしています。

今年も

6年たったのですね・・・
犬を初めて飼って試行錯誤だったあの頃の私。
父ちゃんと丸の関係に憧れて、いつかこんな風になりたいと思っていました。
今年も丸のことを思いながら、うちのワンと一緒に梨を食べたよ。

初めてコメントします

またね 富士丸を読んだのは、実は今年になってからでした。
去年の11月に愛犬を亡くし・・

なので 私の中で 富士丸の死は まだ新しい出来事で 自分の事と重なります✨

でも その後、穴澤さんが新たなワンコたちと楽しく過ごしてる日々をブログで拝見し、元気を頂いてます!

やはり 人の心を癒すのには 時間も必要なのでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

毎年、金木犀が香るこの時期
丸くんを想い涙腺が…
早いね 
もう6年…
何年たっても大好きだよ~

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.101

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)