ライブの詳細


150907-1.jpg

ライブが決まったということは、練習する前にまずエフェクターボードから組まなければならない。ちなみに『この前』ソワンと『PIGGY'S KITCHEN』でやったときも『The Sambals』のセットとは少し変えてある。それがこのラインナップ。

150907-2.jpg

ファズとディストーション系を外し、クランチ系の比較的大人しい歪みを組み込んでいる。何のことかさっぱりわからんと思うけど。それにしても美しい。我ながら、なんて美しいエフェクターボードなのだろう。

150907-3.jpg

しかし困ったことがひとつ。少し前に衝動買いしてしまった新たなエフェクターがあるのだ。これを通すだけで音に艶が出て太くなるという「EP Booster」。試奏して感動したのでその場で買ってしまった(ギターキッズは持っておいた方がいいよ!)。どうしてもこれを新たに組み込みたいのだが、もうスペースがない。

150907-4.jpg

悩んだあげく、泣く泣く赤い子を外すことに。たぶんギターをやったことがない人は、いや、ギターをやっている人の中にも「そんなにたくさん必要か?」と思っている人がいるかもしれない。しかも二人でやるだけなのに。そこは断言しておくが、こんなに必要ない。

150907-5.jpg

必要ないけど、あると心が安らぐのだ。世の中そういうもんじゃない。なんでもかんでも「必要ない」で切り捨てりゃいいってもんじゃないのだよ。ときには無駄なことも大切なのだ。でもさすがに17キロあるエフェクターボードはやりすぎだと思うけども。しかし組んでしまったものはしょうがない。

150907-6.jpg

そんなわけで、これを担いで大阪にも行きます。いや、送ろうかな。
(ライブの詳細と前回のライブの動画リンクは下記にまとめてあります)













<SOWAN SONG×穴澤賢〜秋の宴〜>
『ピギーとペギー』
*春に開催された『穴澤賢×SOWAN SONG〜浜辺の宴〜』が好評だったのを
真に受けて今度は鎌倉(神奈川),北浜(大阪)二カ所での宴が決定!

<鎌倉(神奈川)>
■日程:2015年10月31日(土)
■場所:Piggy's Kitchin(ピギーズキッチン)
神奈川県鎌倉市材木座6-4-21 J.J.HOUSE
■時間:開場18:00 開演19:00
■料金:5500円(Piggy's特製ディナー+1drink付き)
■チケット:9月17日予約受付開始予定



<北浜(大阪)>
■日程:2015年11月7日(土)
■場所:Peggy Sue(ペギィスゥ)×地下酒場
大阪市中央区高麗橋1-2-3
■時間:開場17:30 開演18:30
■料金:予約2800円 当日3300円(共に1drink別)
*1Fが食事スペース、地下がライブスペースになっておりフロアが分かれております。是非早めにお越しになってペギィスゥの激ウマ中華をご堪能ください(料理代別途要)
■予約:9月28日予約受付開始予定

<動画>
前回のライブのもようの一部が『コチラ』にアップされております。
(※演奏している曲は私が過去に女性ボーカルとのユニットを組んでいたときに書いたもの)







<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
映画「犬に名前をつける日」について





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

映画の説明だけで ウルっと来る。
(お客さんに変な顔されたー)
小さい頃からずーっと犬がいたのだけど、小さい頃なので覚えてない。
最後が小学校4年生だったと思う。
だから 自分の責任で犬を飼ったことがないので
もし機会があれば自分の責任で飼ってみたい。
そしたら、はじめてこういう映画もちゃんと観られるようになるかもしれない、とずっと思ってます。
なかなかですけどね。

No title

じゅ、じゅうななきろぉ~!
大ちゃん一頭分じゃないのぉ~!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大阪のライブには、大福コンビ来れないよね〜(⌒-⌒; )
予約だけで一杯になるかなぁ…
当日参加で行きたいです。

シンクロ大福

始めの2枚の写真の大福君達のシンクロっぷりが和む(^-^)
その後の興味の違いっぷりも面白いけれどねー。
…で、今回何の話でしたっけ?

綺麗で優しい言葉をかける

17k運べ組んだからには一人で運べ
運送屋さんには重くて申し訳ないから…

映画こっちにも来るかなぁ〜?

犬の幸せは

「犬に名前をつける日」是非見てみようと思う。
殺処分の問題は、なんとなくは知っているがはっきりと知りたくなくてあまりにも悲しい現実を知る勇気がなくて、わざと避けていた。
でも今回は見てみようと思う。そしてこういう映画をいろんな人に、特に興味の無さそうな人や私のように見る勇気のなかった人にも宣伝して、なるべくたくさんの人に見てもらおうと思った。
犬の幸せはどんな人と出会うかで決まる!!ってすごい重い言葉だなと思い、もっともっと真摯に犬とつきあっていこうと今日あらためて心に誓った。

わかりませんが……

ギターキッズにとっては必要なモノなんでしょう。
ところで、大福の毛の影響は大丈夫なんですか?

「犬に名前を付ける日」

前々からみなしご救援隊さんにちまちま物資を送ってたりしておりました。なので「見たことある名前…あ、あの映画!」と驚きました。

福ちゃん、ちばわん卒業生なのですね。
もしかしたらと思い、ちばわんさんのブログで福ちゃんを探したらいました。まだまだほわほわのお子ちゃまな福ちゃん。そしてちゃっかり写っている大吉。
そして預かりさんのブログには動く福ちゃんがいっぱい。そして大吉の写真も…(笑)
本当に大きくなって…ついでに図太くなって…。
元気で幸せな姿を見せていることに、ちばわんさんも預かりさんも安心しているでしょうね。

それにしてもエフェクターで17㎏。
だったら大吉17㎏連れて行った方がお客さんが喜ぶんじゃないでしょうか?なんて。



だいふくコンビ

シンクロ姿な二匹(^O^)♥

なんだか泣けてきた…

「犬のはなし」読みました。 2年前、うちの子を保護センターからもらったことを思い出しました。初めて会った日、「うちの子になってね」って言いながら傍に行ったら、尻尾をちぎれんばかりに振ってくれました。 「あぁ、この子は、うちの子になってくれるんだ」あの時の感動は、思いだす度、泣けてきます。 父ちゃん、ま~た泣かせるものを知らせてくれて、ありがとうございます。

No title

お~、たしかに美しい。今は…。
デジャブ???たしかうちにも美しいエフェクターボードがあったような。
きっちり両面テープでとめられ並んでましたよ、はい。
今じゃはいりきらないこがいっぱい(~o~)。美しく並んでたエフェクターたちも今じゃばらばら。エフェクターボードは単なる箱と化してます(@_@;)。
とうちゃんのにも、入りきらないこがいるのね。そのこ達の行く末が心配です。
老婆心(-_-)/~~~ですが。

No title

犬に名前を付ける日ー5年間ですか。
こういう丁寧に作られた映画がゆっくりと静かに知られて
いつかみんなの意識が変わっていくことを期待します!
私も
ちばわんさんのブログで福ちゃん、探してみようっと!

泣けてくる

「犬に名前をつける日」いろんな人に観てもらいたい映画です。
主題歌はウルフルズなんですね。ウルフルズの万博公園のコンサートに8月に行ってきました。ちゃんと「ハッピーハウス」のブースがありましたよ。今もトータス松本さんと繋がっているんだ!(勝手に私が思っているだけかも)と思ったら嬉しくなりました。
大阪のライブ、行きたいです。行ってもいいですか?年寄りでも大丈夫かなぁ、と不安がよぎる。

ライブ楽しみですね。
穴澤さんも気合いはいってますね(笑)

2人同時に伸びするなんて、すごい!

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.103

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)