それぞれの表情


150803-1.jpg

ここ最近、ふとした瞬間に凛々しい表情を見せるようになった福ちゃん。

150803-2.jpg

ただし、普段はずっとこんな感じでコロコロしていて非常に馬鹿っぽい。

150803-4.jpg

それに比べて、大吉はなんて優しく知的な顔をしているのだろう。

150803-3.jpg

犬は飼い主に似るというけれど、たまに例外(タヌキ)もいるらしい。










<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
「孤独を知らない男」



コメントの投稿

非公開コメント

いい感じ

「犬のはなし」の最後の写真が~~~!

なんとまぁ、ほっこりとします。

穴澤さん、幸せ者ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ああ、確かに

大吉君は嫁澤さんに似てるんですよね。以下省略。

えっと、えぇっと、、、、。何処かに違和感を感じるのはワタクシだけでしょうか?^_^;
確かに福ちゃん、大人の表情してますね。^ ^

ん?

誰が誰に似たんでしょう?
孤独を知らない男は隙間に挟まる男でもあった……。

No title

犬のはなし、ちょっとホロリとしました。いつか福ちゃんが孤独を知る時が来たら、慣れないから、さぞ寂しさを感じるだろうと思うと・・・。
うちの子は、「分離不安」というのでしょうか、一人で留守番や、買い物するときにお店の表につないで待たせようものなら、わんわん鳴いて往生したものでした。これは生涯直りませんでした。

なるほど~

なるほどよくわかります。福ちゃんは父ちゃんによく似て、たまに大ちゃんみたいな例外もあるのですね。
…なにか違う?

もちろん例外は大ちゃんだよね。

福ちゃんは父ちゃんに似てるということで。

で、かまぼこはまだ?ちくわだっけ?

No title

いわゆる、鳶が鷹を産むってやつですか?・・・。

いつ観ても、大ちゃんは男前デス。
でも、ホント福ちゃんも最近では段々とハンサム君になってきましたね。

福ちゃん本当に幸せそう。
変化のまとめ見てみたいな。

福ちゃんヒストリー
~子ギツネからタヌキへ 変貌の軌跡~

時間あるときにでもお願いします。

No title

『犬のはなし』の福ちゃんバサミかわい~。おばちゃんもはさんではさんで~^^
大ちゃんは孤高の王子的で福ちゃんは茶釜の王子。

いつも、癒されてマス☆

はじめて、コメントさせて頂きます。我が家にも、白犬と茶犬のパピヨン兄弟がおります!大ちゃんと福ちゃんの関係がウチと似ているので、ニヤニヤしています♪ 今回の犬のはなし、いつかやってくる弟が残される日、一人になった時、自分は何をしてあげたらいいのか?考えさせてくれました。しかし、こちらが考えてるより彼らは強いのかも…ですね‼

No title

確かに、優しくて知的な父ちゃんと大ちゃん。納得です。
で、福ちゃん、良い意味で「脳ある鷹は(犬も)爪を隠す」ってかも・・・。
がんば!!  福ちゃん。
みんな大好き家族ですね。癒されます。

もう少し更新頻度を上げて下さいー!!

No title

似たからタヌキになっちゃったんじゃないかな…。大吉は似なかったんじゃないかなあ?

それにしても、よくもまああんな狭いところに二人仲良く挟まり込むものですね。
今度は父ちゃんとソファに挟まる二人の動画をお願いします。どうやって入るのか気になります。

お気持ちはわかりますが。

これ以上、更新頻度を上げたら、釣りに行けなくなるう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ママのようなお兄ちゃん

4枚目の大ちゃん、幼子をあやすママみたい。 福ちゃんが安心して甘えているのと、エリーちゃんが(遊びに来て)すんなり溶け込んでいるのと、ダイワハウスの家で小悪魔こむぎちゃんが馴染んでいるのを見て、大ちゃんって包容力のあるママ型わんこだなぁ☆って思いました。 もって生まれた性格か、それとも父ちゃんの影響なのかしら。

なるほど...

フム...福ちゃんは父ちゃん似なんですね(笑)皆さん、同じようなこと考えますね。ウフフ。

No title

大福兄弟をみているとうちの姉妹を見ているようでございます。
ええ。私はもちろん妹ですよ。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.103

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)