行き当たりばったり組


150319-1.jpg

世の中には、若い頃から「将来はこうなりたい」という目標があって、そのための人生設計をしている人がいるらしい。そんなうまいこといくわけないがなと思っていたが、先日実際にそういう人に話を聞く機会があって「本当にいるんだ!」と驚いた。もう、すごいですねとしかいいようがない。

150319-2.jpg

自分のことを振り返ってみると、見事に何も考えていない。そとのきそのときで一応考えてはいるのだが、一貫性がない。若い頃は、将来ライターになりたいなんて思ったこともなかったし、海なんか別に興味もなかった。なのに、今は海の近くに住んで「やっぱり海はいいよね」とかいいながら釣りばかりしている。少し前まで山で暮らしたいとかいってたのに、よ。自分で自分が信じられない。行き当たりばったりすぎる。

150319-3.jpg

駄目だな俺は、と思ってまわりを見てみたら、都内の某車屋で働いていたのに何を思ったのか突然鎌倉に家を買って、当分は頑張って通勤するとかいってたくせにわずか数ヵ月で辞めてしまい、ラーメン屋で修行しはじめたのはいいが何のアテもなかったところに、タイミングよく店を貸してくれる人が見つかって『PIGGY'S KITCHEN』をやっているショーイチもかなりの勇者だと思う。良い意味でも悪い意味でも。我ら行き当たりばったり組はこの先どうなるのやら。

150319-4.jpg

ま、こいつらが元気ならそれでいいんだけど。







コメントの投稿

非公開コメント

No title

穴澤さん、私も行きあたりばったりのその日暮らし
組です。

穴澤さんは天国から富士丸くんが見守ってくれて
いますよ!

明日のことなど、わからな~い ♪ 
(ケセラセラより)

行き当たりばったり

「そとのきそのとき」「数位数ヶ月」、、
うん、何かわかる。(笑)

長く生きてきた私から言わせると、
こんな生き方が最高!!
海とか夕日とか、いろんな事、考えさせてくれるよね。
父ちゃん、ガンバだ

No title

最後の一文に愛を感じるなあ。

いきあたりばったり組、かなり楽しそうだから
いいんじゃない?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

追伸

「数位数ヶ月」、
ハハ、、私も行き当たりばったりでした。

No title

日本人は将来設計考えすぎで堅苦しいですよね。
いきあたりばったりでも、それに対処出来てるなら結果オーライですよ。
そんな生き方うらやましいです。

うちは

夫婦してその日暮らしの為、今痛い目にあっています。

もう少し計画的に生きてくればよかった。でも今更どうしようもないので、このまま老後へ突入します。何とかなると信じて。。。

No title

どうにかなるさ〜
と考えてる人は、本当にどうにかなる気がします!
行き当たりバッタリな性格の私としては、
不安な人生より、楽しみな人生にしていたいです!
大福コンビが元気なら!
そこのブレの無さが、またカッコいい!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

同意!

最後の一文に微笑んでしまいました。そうですよ、穴澤さん。大ちゃん福ちゃんが元気で幸せそうなら、何もいうことなし、だと思います。行き当たりばったりにしか生きられない人もいます。投げやりではなく、明日何が起こるか、神ならぬ身、知る由もありません。先のことを心配しても仕方ないし。私もどちらかというと行き当たりばったりです。

No title

行ってみたら
当たった!
いいじゃないですか~ 
それが 行くべき道だったって事でしょう!

・・・ばったりは・・・見ないことにする

耳が痛い話です

ここにも行き当たりばったりで
生息し続けているおばさんがいます
その時は真剣なんですが
振り返ってみると
歩いてきた道が迷路のよう…
今も、これでいいのか?の連続です(笑)

こんにちは

そうですね。

うちの犬のメイプルが元気なら
私も元気でいなくては!と
元気になれます。

私も~♪

そもそも計画的に生きていたら、こんなじゃなかったと思う。
でも何とか生きていけているから、結果オーライかな。

締めの一文に

それがーいちばんだいじー。

No title

「人生設計」?!
そんなことしている人がいるなんて、都市伝説だと思ってました。^^;
行き当たりばったり人生も、なかなかいいもんですね~。生きてるって感じがして。^^

思うにならない人生に

思いがけない出会いがあったりして、なんとかなるものですよね~♪

でも父ちゃんは、丸くんの時から『こいつ(ら)が元気ならそれでいい』というのは変わらないですよねっ♪

計画性…あぁ耳が痛い(*_*)

No title

きっと行き当たりばったりの方が人生楽しいと思う。私はどちらかと言うと地道にコツコツ派なので。そういう人ってある意味羨ましくもあるな。
私には行き当たりばったりの勇気はないな。

それにしても大福ちゃんコンビますます最高!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も全く同じ行き当たりばったりの人生です。
後悔しているところもあるけど、でも、きっと計画とかたてられない人間だったから、ま・仕方ないかと未だ続行中でございます。もう仕方がない!GOGOとか能天気な事書いてみます。

こいつらが、元気ならいい~。
 共感です。 

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.103

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)