とばっちり


大吉

何やら真剣に破壊活動に取り組む梅吉。

大吉

何がそんなに梅きっつぁん。

大吉

気に入らないのよ梅きっつぁん。

大吉

ピカチュウ、逝く。











<お知らせ>
『またね、富士丸。』に掲載される東えりかさんの解説が本日午後に『HONZ』に掲載される予定です。出版と同時に解説が先読みできるという試験的な試みです。本でゆっくり読みたい方は、文庫が手元に届くまでしばしお待ちください。ちなみに文庫にはある方の対談と、大吉の写真も一枚だけ載っています。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピカチュウって、飼い犬飼い猫の神経を逆なでする何かを持っているらしく、普段穏やかなうちの猫もピカチュウにだけは戦意むき出しの怖い顔で破壊しました・・・・
あれ以来、ピカチュウは我が家には入れませんw

No title

梅吉…やりきった感…。笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

解説を読みました。
途中から号泣でした。
いろんなことを思い出しました…
東えりかさん、素晴らしい解説でした。

No title

あかん・・・
書評読んだだけで
涙が止まらん!
まる・・・

うえ~~~~~

東えりかさんの解説、読んだよ~~。
涙が止まらないよ~~。

うちには19才の老犬がいて、だからまだ『またね、富士丸。』は怖くて読めないよ。

時がきたときに読ませてもらうね。

不満は

梅吉じゃないもん、大吉だもんっ! というところでしょうか。
ピカチュウは完全にとばっちりですね。

召されましたね

ピカチュウのご冥福を心よりお祈りいたします。
それ以外の残骸もあるような気がいたします(笑)。

おつかれ

大ちゃん、ちょっとニヒルな顔と耳がかわいいね♪

文庫本、注文しました。でも、本文は読めないかもしれません。
一読者ですが、4年の歳月の意味をこれほど感じることはあまりないと思います。

13:30から来客なのに…

東えりかさんの解説読んだら、アイラインもマスカラも落ちた。会社だというのに。
涙粒が落っこちないようにがんばったんだけどな。

No title

いいなあ、、好きです。
好きです、、こんなの。

昼休み、パンかじりながら、コーヒー飲みながら、、ふっ、と笑える、この文章。

好きです。(笑)


No title

丸君、届きました。ぱらぱらめくっただけでまた、うるうる。。きました。。。今回はみにしみすぎて読み切るまでに時間がかかりそうです。。

うめきっつあん。。。こなごなやがな。。。。ぴかちゅううう

涙が

家のポストの中を覗くと届いていました。
そして東えりかさんの解説を読んで泣いてしまった!
これからゆっくり読みます。
ありがとう、穴澤さん、東さん。

しかし大吉似の奥さんてどんな人だろう???

No title

大吉くんって破壊するイメージなかったからちょっとびっくり!

大好きな富士丸くん…
そうそう、わんこを飼いたいなぁと思ったのは毎日富士丸くんの様子を見るのが楽しみで、うちにもこんな子がいたら…そう思ったのがきっかけだったなぁ。
富士丸くん、うちには大型犬は無理だけど、大型チワワがきましたよ。

亡くなった時は信じられなくて、そして本を読んで頭が痛くなるほど泣きました。
ワンワン泣きました。
でも、この本はそれでもまた読みたいと思う本です。
あとがきを先に読んで、またボロボロと泣いてしまったけど。
文庫化になって、またもう一度読もうと思います。

読みました♪

ちょっと年下のニコニコ笑っている奥さまとお幸せに!
富士丸くんに出会えて幸せでした。
なんだか、ホッとしました♪
大吉君、父ちゃん(最後に呼ばせて頂きますが(笑)♪)元気でね!
素敵な想い出をたくさんありがとう。

No title

東さんの解説で又、涙が止まらなく
なってしまいました。あの日の事、
鮮やかによみがえります。東さん、
愛情あふれる解説、素晴らしくて。
穴澤さんは本当に人に恵まれてい
ますね。大きな財産…勿論、丸君、
大ちゃん、奥様…。それだけで、
穴澤さんの人生、輝いています。

大ちゃん、何があったの?

No title

東さんの、解説涙が止まりません
丸くんはやっぱり愛されてますね

No title

「またね冨士丸」は単行本が出てすぐ買って読んだから、今度は買わないつもりだったけど、買っちゃおうかな、と思うくらい東さんの書評に泣かされました。
「一人と一匹」は今でもしょっちゅう読んでます。あの占い師さんの言ってたこと結構当たってるよね。今,42才でしょ。彼の言う通りにこのままずーっと今のペースで行けますように。
大ちゃんは、丸君の分も絶対長生きしてね。
目指せ、日本一の長寿犬♡☆♪

大ちゃん!

赤ちゃんが生まれて、やきもちですね♪

おめでとう。

思い出します

東さんの解説読みました。
あの時の様子、涙が止まらないよ~。
やっぱり本はまだ読めそうにないです。

ブログを見て、富士丸と穴澤さんの関係に憧れた私。
あの頃、初めて飼った犬がやんちゃで手を焼いたことも、今となっては懐かしいです。

No title

すでに単行本を読んではいましたが、父ちゃんのことをよく知っている東さんだからこその解説がとってもとっても読みたくて、本屋さんにGOしました。

東さんの文章は、あったかいです・・・
涙も流してしまいますが、とっても素敵な解説です。
ブログのコチラ側の私たちのこともよく理解してくださってますよネ。

それにしても大ちゃん・・・
ハデにやってますネ。(苦笑)
”とばっちり”ってことは、その前に何かあったワケですよねぇ~。

大ちゃん、何があったの?

安心しました

何年ぶりだろう…
富士丸が元気で、マサルさんのブログを毎日楽しみに読んでいたのは……富士丸が亡くなったのを聞き怖くて読むのをやめてからだ‥
先日愛犬を亡くしあの頃の事を思い出しここに辿り着きました。大吉…素敵出逢いに感謝ですね。良かった^ ^

No title

ピカチュウが…
なぁ~んとなく大きっちゃんの顔が
悪い顔になってるようなぁ~(笑)
にしても、、見事な破壊っぷり!!
うちんちの秋田犬とかチャウにはない行動!
なにが破壊に駆り立てるのか!?

No title

東さんの解説にジーンときました。

No title

丸兄~にちょっぴりやきもちなんだよね、大ちゃん。

東さんのおはなしを読んで、

丸君のブログの更新が止まっていた
あの時の不安な気持ちや、皆さんの心配するコメントを
思い出しました。
ムックが逝ってから、丸君が私の心のささえでした。
文庫、たのんだんだけど
にじんじゃって読めそうにない。

No title

東さんの解説にグッときました。
穴澤さんはいい人達に囲まれて、本当幸せですね。

大ちゃん、、、失恋でもしたのかい?(笑)

No title

ピ・・ピカチュウの三枚おろし・・(ノ゜ρ゜)ノ

あのー?

↑の方のコメで、父ちゃんパパになったの?  
おめでとうございます!・・・でいいのよね?
 東えりか様は、ほんのり香るとてもお優しいかただと思います。これからも穴澤一家をよろしくおねがいします。

ピカチュウの噛み心地は?

ピカチュウの何が、大ちゃんを噛み魔にさせたの?してやったり、って得意げな顔が、いたずらっ子のままで可愛いなぁ。☆☆☆東さんの書評、私も泣いて途中から読めませんでした。文庫では、堪えながら、しっかり読もうと思います。

No title

あー、この荒れた風景
どこかで見たことがある風景・・・
そうそう!確か大吉ちゃんの兄たんも散々やらかしてたっけ、、、、やはりブラザーだわ^_^;

初版の「またね、富士丸。」を拝見した時
心痛でボロボロになった穴澤さんのプライベートが
赤裸々に綴られていて「こんなに公表してしまっていいの?」って思うくらいの赤裸々さで驚いた反面、ここまでさらけ出してくださったんだ。という感動と言いますかうまく表現が出来ませんがその様な感情が沸きました。
ペットロスの方は勿論のこと、大切な方を亡くした方の背中を優しく撫でてれるような本でした。
きっと富士丸も天からタックを組んでたんだろうなぁ~。

実は

あれから時間がたち、悲しいだけではなくなりました。苦しい時、ぐっと踏ん張れば、いいことも起こります。この文庫を読み終わった時、きっと少し幸せな気持ちになれるはず。

No title

ピ、ピカチュウ…

ピッカァ…

No title

東さんの解説読ませていただきました。
また・・・・泣いてしまいました
いつまでたっても富士丸くんは心の中にいて
仙台に来てくれた時会えたこと、ブログのなかでの色々な表情の富士丸くん・・父ちゃんさん、忘れることなんてできません・・そしていつまでも悲しすぎて富士丸くんの本が読めずにいます、何冊もあるのに。

うううう・・ん!
悲しいことばかり言わずに締めます。
父ちゃんさん、かわいい二人に囲まれてよかったですね。あの文章で心があったかくなりました。
ありがとう。お幸せに♪

待ち切れずに読んでしまいました。

残り毛のとこで、もう号泣。
仕事中でなくて良かった~
んで、よだれ記録更新中の丸ちゃん見て泣きながら大笑い。
今でも毎日、丸ちゃんとこ行ってるよ。

んでもって未だに半信半疑だったけど、
やっと「父ちゃんさんの結婚ほんまやったんや~」と。

大吉ちゃんの八つ当たりの原因が気になるっ!!
赤ちゃん?
にゃんこ?
エリザベス?

No title

父ちゃんさん、今でも充分幸せだと思うけど奥様と大ちゃんとそして丸ちゃんともっともっと幸せになってね。
父ちゃんさんの周りには素敵な人がいっぱいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も今年おじいちゃん犬ぴかそを亡くしました。

少しずつ老いて、介助が必要になり、
また少しずつ老いて、少しの介護が必要になり、
私に少しずつ別れを予感させてくれ、
とてもおりこうで、これから介護が大変になるなっと覚悟した次の日のお昼に虹の橋に旅立ちました。

私たちの相棒は、私たちのことを一番に考え、そのタイミングで虹の橋を渡るんだと言うことが、
東さんの解説を読んで確信に変わりました。

富士丸もぴかそも仲良く虹の橋で楽しく暮らしていますよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今日ようやく届きました。
あれから四年ほんと早いな。
ゆっくり読ませて頂きますね。対談もすごいですね。
だいちゃん何がそんなに気にくわなかったのか!!とばっちりとははたして!?

No title

やっぱり、泣いてしまった
あのころの思いがよみがえって。。。
とうちゃん、幸せになってよかったね

No title

はじめまして。
解説を読み昨日注文しましたv-283
私、何匹もの大切な大切な犬猫家族との今生での別れを経験してまして
暫くの間は涙腺の崩壊を封印しておりましたが解放しようと思いました。
今は黒い雄猫(幼子で捨てられていた子です)と暮らしていますが、
日々一緒に過ごせる事の幸せを毎日かみしめています。
今生でお別れした子達ともいつか会えると最近は信じてます。

大吉君も元気で長生きしてね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.103

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)