FC2ブログ

山の家の寒さ


181204-1.jpg

先週末は、久しぶりに山の家に行ってきた。予想した通り八ヶ岳の標高1500メートルは、もう寒かった。昼でも寒冷地仕様のストーブ可動しまくりだった。

181204-2.jpg

しかもボロ小屋で隙間だらけなので、プチプチを断熱材代わりに窓に貼ったりして、大忙しだった。といっても寒さはまだまだ序の口。これからが本番となる。

181204-3.jpg

変なプライドで寒くてもタイツは穿かない主義だったが、昨年速攻で心が折れて山ではタイツを愛用するようになった。プライドなどない。八ヶ岳の冬は本気で寒いからねぇ。

181204-4.jpg

彼らにはあまり関係ないらしい。















<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
「7才を越えた大吉」



<お知らせ>
遅くなりましたが、今年も『チャリティーカレンダー』やります。まだ準備が少し残っているため、今週中の発売になります。少々お待ちください。

あと、デロリアンズ通信Vol.415、416を配信しました。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

そでした、風邪っぴきでも富士丸君は容赦なかったような。お散歩大好きワンコでした♪

大吉君、これからも元気で父ちゃんと仲良くして上げて下さいね。

今更ですが…

穴澤さん、
大吉くんのことが大好きなんですね。
犬の話、よんだばかりです。
マドリッドの寒い朝に、あたたかい涙をありがとうございます。
弟くんの話はまた、次回ですね…。

家には富士丸くんの本が何冊もあります。
今でも時々読み返したりしてます。穴澤さんの丸くんに対する愛溢れる言葉と丸くんの可愛い写真を見ながらいまだに泣けちゃいます
ほんとに優しい子でしたねー
丸くん、これからもずっとずっと大好き(^○^)
大吉くん、福ちゃん。富士丸くんの分も長生きしてね(^ ^)

大吉さんや福ちゃんはもちろん、父ちゃんと母ちゃんにも元気でいてもらわねば!

No title

素晴らしい日々になりそうな予感ですね!

デロリアンズ通信vol.417読みました

2008年に何故清里に行ったのかわからないとのことですが、もしかして、その頃富士丸くんと暮らす田舎を探していらっしゃったのでは?確か清里や小淵沢の別荘地を訪ね歩いたと何かに書いていらっしゃった様な気がします…

それにしても大福ちゃん、楽しそう🎵
わんこって、みんな山が好きなんでしょうか

No title

二人とも山の家、大好きなのね!後ろ姿まで楽しそう 二人にとって楽しくて嬉しくて愛されて、居心地の良い時間がながーく続きますように

楽しそう!

山の生活、とっても楽しそうです✨大福がいつまでもいつまでもかわいい顔を見せ続けてくれますように!

No title

出窓の大福の絵皿は奥様の作品ですか?
大吉っちゃんはアクティブですね。福ちゃん、頑張れ。

ところで山の家は寒そうですので、大人用室内テントはいかがでしょうか。床なしタイプだとベッドの上に置けるそうですよ。また保温にも優れているそうです。
室内でキャンプ気分も乙ではないでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

2019年2月号 Vol.109

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)