FC2ブログ

ある晩酌の光景


180126-1.jpg

わが家の夕食は、結構な頻度で豚しゃぶになる。といっても、そんなちゃんとした鍋ではなく、豆腐ときのこ類と豚バラくらいなので、準備も楽なもの。夕食というか、晩酌のアテといったところか。ただ、いつだったか、何気なく冷ました豚肉を大吉にあげてしまったのがいけなかった。

180126-2.jpg

彼の中では、「豚しゃぶ=ちょっとくれるもの」という図式になってしまったらしい。こういうときだけ嗅覚を発揮して「豚しゃぶだよね? じゃ、くれるよね? まさかくれないってことはないよね?」という無言の圧をかけてくる。

180126-3.jpg

食に執着心のないはずの大吉だが、豚しゃぶは好きらしい。あえて気づかないふりをしていても、それすら見抜いて、じっと見つめてくる。落ち着いて飲めない。密かに冷ましてある豚肉があることを、彼はもう見抜いているのだ。

180126-4.jpg

あぁもう、1枚だけな。すると茶色いのがすっ飛んでくる。

180126-5.jpg

ほれ、お前にも。今日も、圧力に屈してしまった。












<お知らせ>
『DeLoblog』が更新されました。

あと、デロリアンズ通信Vol.335を配信しました。







コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ふたりとも、もちろん、無言の圧力ですよね^^。
なんか無言だけに褒めてあげないと。。そしてみんなで仲良し豚しゃぶとなる。(^_^)v

わかるわー

ただ黙って見つめ続けられる圧

No title

おお 珍し、大吉君 福ちゃんのお肉をガン見してますやん♪美味しいんだねー
家も豚バラでしますシャブシャブ。週に2回は。しかも 毎度、カツオ出汁でポン酢でいただきます。野菜もとれるし、温まるし。
ないのは 可愛いおねだりワンコの眼差しだけです!残念!

No title

そら、兄ちゃんもろたら100%とんでくるよねー

多頭飼いあるあるww

可愛い〜!いけないんだけど、
うちの場合は唐揚げだった。

No title

豚シャブやったら、味付け無しローカロリーやし、ちょっとくらいエエやん、って大吉くんがそこまで分かってるかどーか。(分かってそうな顔だから怖い)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

あーわが家も今日は豚しゃぶ!!
食卓の下で待ち受けるわんこに、おじいちゃんがこそこそと食べさせとったぞ。

目を合わせないようにしてるのに…
すごい圧ですよね…同じく負けてしまいます

わかります〜(^-^)
この圧に耐えられる人が居るなら会ってみたい!
我が家のチワワんずは見つめるだけじゃ足りず、足をガリガリに引っかいてきます(汗)
夏の素足にはかなり危険な技です…。

もちろん、くれるよネ

豚しゃぶ、父ちゃんなら絶対くれる。 そうだよね、くれるよね。 ねっ、ねっ…ほら! おいし~いぃぃ☆  この圧力(目力)に勝てる人は、心が凍っていると思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

2018年11月号 Vol.108

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)