大福の器の違い


180606-1.jpg

この前、山に行ったときのこと。散歩をしていると、30キロ以上ありそうな大型犬2頭が飼い主を引きずるような勢いで近づいてきた。たぶんまだ幼い子で、威嚇ではなく遊びたい感じだったのだが(距離感がまだわかっていない)、大福にしたら自分よりでかい相手なので、威圧的だったのかもしれない。

180606-2.jpg

大吉はそういうときも怯まないので、警戒しつつも「何?なんか用?」という顔で正面を向いて迎えたが、タヌ吉は速攻で後ろに逃げて、離れた位置から「なんだお前ら、やんのか!」という感じで吠えていた。1頭がそちらに近付こうとすると後ずさり、また遠くから「やんのか!」と吠える。全然やる気ないくせに。

180606-3.jpg

すぐに飼い主が犬を叱り「すいません!」と謝ってきた。ただ、攻撃的なわけではなく、挨拶をしたかっただけなのだ。大吉は大丈夫だったが、タヌ吉はビビリまくっていた。タヌ吉はいつもこうで、相手が小型犬でも威勢がいいと、すぐ逃げる。家の中では威張ってるくせに。

180606-4.jpg

情けない奴だ。誰に似たんだろ。

















<お知らせ>
『DeLoT-Band(Black)』『DeLoT-Indigo』を発売しました。また、品切れ中だった『播州織ストール』『文庫本カバー』を入荷しました。(すみません、「DeLoT-Indigo」のSとL、「播州織ストール」のカーキ以外売り切れましたので次回入荷まで少々お待ち下さい)
(追伸:カーキも売り切れました6/5 11:15)

あと、デロリアンズ通信Vol.368を配信しました。



プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

2018年5月号 Vol.106

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)