誤算


130530-2.jpg

歩いて5分で広い河川敷がある環境に引っ越して、はや数ヶ月。

130530-1.jpg

当初は「これからはいい写真がたくさん撮れるぞ!」と意気込んでいた。奮発して『新しいカメラ』まで買って、散歩に行くときも常にカメラを持ち歩いていた。

130530-3.jpg

が、河川敷だと背景が似たりよったりで、結局どれもこれも同じような写真になることが判明。腕がないだけかもしれないが、誤算だった。今はもう、散歩にカメラを持って行くことはほとんどないという。あぁ……。

130530-4.jpg

ま、大吉にとってはそんなことどうだっていい話だが。












<お知らせ>
『犬と猫と人間と2』の宍戸監督と飯田さんとの『対談記事Vol.4』がアップされました。




<お知らせ2>
突然ですが、6月22日に『The Sambals』でライブイベントに出演することになりました。曲も何の実態もないのに名前だけ決まっていた『バンド』。本番まで一ヶ月ないのにどうすんだ、というわけで昨日は初のリハーサル。

130530-6.jpg

インストで、テーマは轟音シューゲイザー。平均年齢40歳越えのおっさんたちが好き放題やるという、これまでとは全然違う感じになると思われます。さてどうなるのか。詳細は後日発表します。

130530-7.jpg

若干一名、早くも壊れはじめていますが。



おみやげ


130528-1.jpg

先週末に行われた『イベント』は無事に終了しました。わざわざお越しくださった皆さん、どうもありがとうございました。2日とも苦手なトークで出演したんですが、松本さん任せにしてなんとか乗り切りました。と、思います。それにしても暑かった。お客さんもスタッフの皆さんもお疲れ様でした。

130528-2.jpg

また、当日になって突然チャリティーオークションに何か出してくれと言われ、たまたま持っていたタオルを出品したんですが、落札されて良かったです。次の日は、私物のTシャツとか富士丸ピックとか大吉御守りとか用意していったんですが、そちらも幸い落札されて良かったです。

130528-3.jpg

そんなことはどうでもいい大吉。そらそうだ。まーそう不満そうな顔をするなと、おみやげにと空き時間にこっそり買っておいたアキレスを取り出して見せる。

130528-4.jpg

そうそう、『犬のはなし』が更新されてます。






青春と読書で


130524-1.jpg

お知らせです。現在発売中の『青春と読書(6月号)』で1ページ書かせてもらいました。『ワルテルとソーラとアイセと小説家』の馳星周さんが、6月に犬にまつわるお話をまとめた短編集『ソウルメイト』を出版されるのですが、その本の感想を書いております。

130524-2.jpg

最初に編集部から依頼が来たときは、馳さんが書いたものについて何か述べるなんて、そんな恐れ多いことはできませんと一度は丁重にお断りしたのですが、その後、馳さんの担当編集者より直接連絡をいただき、犬と暮らす者として素直な感想をぜひ聞かせて欲しいとのことだったので、お引き受けした次第です。

130524-3.jpg

「青春と読書」は普通に書店に売っているそうですが、なければ注文すれば買えるとのことです。ちなみに『コチラ』で見本誌無料プレゼントも行っているそうなので、欲しい人はこの機会にぜひ申し込んでみてください。そんなわけで一足先に『ソウルメイト』のゲラを読ませてもらったのですが、小説としてはもちろん、へたなしつけ本より、こっちの方がよっぽど役に立つんじゃないかと思いました。皆さんもぜひ読んでみてください。

130524-4.jpg

それでは良い週末を。
あ、『イベント』にお越しくださる方はどうぞよろしく。





理由


130522-1.jpg

先週末は『ソワン』『あっきぃ』『セキグチさん』夫妻とテルちゃんが我が家にやってきて、ラジオニクス飲み会が開かれた。相変わらず季節は関係なく鍋。この日は豚肉とハマグリを入れたキムチ鍋にした。なんとなくこの面子で飲むときはキムチ鍋が定番になりつつある。うどん好きのソワンが序盤からうどんを入れろ入れろとうるさい。

130522-2.jpg

ちなみに、すき焼きのように卵につけて食べるのが我が家流。鍋そのものはキムチ鍋の元でもなんでもいいから(最初に鍋にごま油をしいて豚キムチを作るのがミソ)、白菜ときのこ類、それに鷹の爪をたっぷり入れて辛くしておいて(味噌も少し入れる)、卵で食べるとマイルドになって美味しいのです。騙されたと思ってぜひお試しあれ。

130522-3.jpg

いつものように、もみくちゃにされる大吉。みんなに会うのは久々だったが、お互いの近況の話などは一切せず、なぜか「ジェッタシーは何度見ても笑ってしまう」という話題で盛り上がる。知らない人は「ジェッタシー」「ヘブリカン」で検索してみてね。

130522-4.jpg

そんな感じで楽しい夜はふけていった。

130522-5.jpg

ソワンとあっきぃとテルちゃんは家の方向が同じなので、頃合いを見て一緒に帰ったが、セキグチ夫妻は少し残って飲んでいる間に終電を逃してしまう。「だったら泊まってけば?」ということで、リビングに布団を敷いて、心おきなく飲み直す。The WhoのDVDを見ながら、気分は中学生のお泊まり会。若干迷惑そうな大吉。

130522-6.jpg

というわけで、翌日の『朗読会』は二日酔いになってしまったのでした。





御礼


130520-1.jpg

昨日の高井戸図書館での朗読会は、無事に終了しました。わざわざ来てくださった皆さん、どうもありがとうございました。訳あって当日は頭が痛かったのですが、朗読は竹脇さんにまかせっきりだったので問題ありませんでした。ちなみに中央でパネルを掲げている黒子がワタス。隣にいる岡さんが話に合わせてタイミングよくパネルを渡してくれます。

130520-2.jpg

集まったのは30名ちょっとらしいですが、このような機会を与えてくださった高井戸図書館の館長さんに感謝します。前にも書きましたが、図書館でも学校でもお店でもイベント会場でも、ご要望があればどこへでも駆けつけるつもりですので(竹脇さんの猫事情により関東から日帰りで行ける距離になってしまいますが)、ご希望の方は朗読会担当の『竹脇さん』までご連絡ください。勝手に担当者にしてますが。

130520-3.jpg

そして昨日は朗読だけでは来てくれた人に申し訳ないと、終了後に3人で軽くトークをすることに。絵本制作の裏話やいろいろ話しましたが、楽しんでいただけたでしょうか。二日酔いだったわりには、結構しゃべった方だと思います。それから、今週末にお台場ヴィーナスフォートで行われる『イベント』の出番時間は、両日ともお昼の12時頃からだそうです。お時間のある人は遊びに来てみてください。

130520-4.jpg

なお、両日とも大吉はお留守番です。






<お知らせ>
『犬と猫と人間と2』『インタビュー記事Vol.3』がアップされました。

寝る体勢


130517-1.jpg

寒い頃の大吉。

130517-2.jpg

暖かくなってきた今日この頃の大吉。

130517-3.jpg

いや、なんでもないです。





肉球ケア


130514-1.jpg

少し前のこと。大吉がしきりに左前足をぺろぺろと舐めていた。なんだろうと見てみると、血は出ていないが、肉球が少し切れていた。普段からガラスには気をつけているし、ガラスで切った感じではないが、どうやら河川敷を走っているときに折れた枝か何かを思いきり踏んだと思われる。傷はそのままにしていても治るくらいのものだったが、舐めすぎて周囲の毛が茶色く変色しはじめていたのでこれ以上舐めさせないようにする必要があった。

130514-4.jpg

靴下を切ってマスキングテープで止めてみたりしたものの、どうもしっくりこない。なので、薬局に行って店員に何かいいものはないかと聞いてみたら、くっつく包帯はどうかとのこと。なんでも包帯自体に粘着性があって、毛にはつかないらしい。早速買ってきて巻いてみたら、なるほど良くできている。これなら取れないし、どんな足のサイズにもピッタリ。この通り。

130514-2.jpg

こんなの。近頃はいいものがあるものだ。これなら舐められないし、これ以上炎症をおこすこともない。今回の『犬のはなし』にもちょっと書いたけど、肉球の間の毛が茶色く変色してきたらそれは舐めすぎで、痒いから舐める、舐めるからさらに痒くなる、の悪循環になるので、靴下とかこういう包帯とかで一旦舐めさせないようにした方がいいですよ。以上、暮らしに役立つ豆知識でした。

130514-5.jpg

あ、現在はもう治って包帯も取れたのでご心配なく。







<お知らせ>
『犬のはなし』更新されてます。
皆さんのご意見をお聞かせくださいませ。



お知らせ色々


130510-1.jpg

お知らせが遅くなりましたが、今月の『犬のはなし』は隔週更新となります。そのかわりといってはなんですが『犬のこと猫のこと』という別コーナーで『犬と猫と人間と2』の宍戸監督と飯田さんにインタビューした記事が4週に渡って掲載される予定です。第一回はすでにアップされておりますので、そちらもちらりと覗いてみてください。

130510-2.jpg

あと、すでに『竹脇さん』のブログでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、5月19日(日)に杉並区の高井戸図書館にて絵本『明日もいっしょにおきようね』の朗読会があります。詳細は『コチラ』にありますが、岡さんとワタスも黒子で参加します。無料ですので、お時間のある方はぜひご参加くださいませ。

130510-3.jpg

そして、翌週5月25日、26日にお台場ヴィーナスフォートで行われる『いぬのきもちスプリングフェスタ2013』というイベントにもちょろっと出演します。松本秀樹さんとのトークコーナーに両日とも出る予定です。たぶん人任せにしてあんまりしゃべらないと思いますが、良ければ遊びに来てください。

130510-4.jpg

さらに、少し先ですが6月9日に渋谷ユーロスペースで行われる「犬と猫と人間と2」上映後の『トークイベント』にも出演します。宍戸監督と飯田さんは、先のお台場のイベントにも来るらしいので、ここんところ立て続けに会う感じですが、映画館という閉ざされた空間ではまたちょっと違った話ができるのではと思っております。というか、人前で話すのは苦手なのにこんなに引き受けて良かったんだろうか。

130510-5.jpg

そんなわけで、ちょっと忙しいので鎖骨のボルトはまだ抜いていません。やる気はあるのよ。






マドと大吉3


130509-9.jpg

つづき)日が暮れてきた頃、書評家の『東えりかさん』と旦那さん、集英社のD門さん、フリーライターのN山さんらが続々とやってきて、宴会が始まる。一通り挨拶してまわり、東さんにモフられる大吉。

130509-2.jpg

なぜかN山さんのひざの上が気に入ってご機嫌のマド。それにしても、会う度にマドの表情がやわらかくなっていく。

130509-3.jpg

でも大吉のそばではこんな感じ。仲良くなりたい大吉と、距離をとりたいマド。

130509-4.jpg

オヤツをもらうときだけ縮まる距離。そんな感じで楽しい時間はあっという間に過ぎていき、宴もたけなわに。

130509-5.jpg

右下に注目。自分の話題じゃないとわかるとどうでもよくなって、人がいようが少々やかましかろうが、自分のテリトリーに他の犬がいようが、かまわず爆睡する大吉。

130509-6.jpg

図太いというかなんというか。

130509-7.jpg

またおいで、マド。










<おすすめ>
130509-8.jpg

少し前に出版された『ノンフィクションはこれを読め!』。東さんが関わっているサイト、『HONZ』で紹介された本をまとめたものですが、これはすごいです。それぞれのレビュアーが、宣伝ではなく素直に面白いと思ったあらゆるジャンルのノンフィクションを紹介しています。ノンフィクションって、何を読んだらいいのか迷いがちですが、これを見たら読んでみたい本がきっと見つかると思いますよ。


マドと大吉2


130506-1.jpg

『野蛮人』とは一切絡まず、我が家にやってきたマド。家に帰ると大吉もちょっと落ち着くので、ホッとする美人さん。ちなみにマドはボールを投げると、ボールを追いかけないばかりか、ボールから逃げるように遠ざかる。そんな犬がいるのか、とビックリした。

130506-2.jpg

そんなマドだが食欲は旺盛らしく、大吉が残したゴハンに興味津々のようす。このように大吉は日常的にゴハンを残す。そして気が向いたときに食べるという猫のような「遊び食い」をする。これには逆に片野さんが「そんな犬がいるの?」と驚いていた。食べたそうにしているマドに「いいんだよ」といってやる。

130506-3.jpg

え、そうなの? みたいな顔をする大吉。知らんがな。お前が残すからだろ。ちゃんと手作りしてやってんのに。といいつつ、内心では自分のゴハンを食べられそうになったら、大吉の性格からして喧嘩まではしないものの、慌てて取り返そうとするのではないかと思っていた。そうやって、食べ物のありがたさを思い知らせようという狙いもあった。

130506-4.jpg

しかし大吉、取り返すでもなく、もりもり食べるマドをなんとなく切なそうな顔で眺めているだけ。

130506-5.jpg

いやいや、頭の臭い嗅いでいる場合ではないだろ。

130506-6.jpg

結局、そんなことしている間に完食されてしまう。けれど、ま、いっか的な態度の大吉。どこまで食に執着心がないのだろう、こいつは。

130506-7.jpg

でも片野さんが用意していたマドのお弁当は喜んで食べる大吉。
なんだこいつ。


(たぶんつづく)



マドと大吉1


130501-1.jpg

ゴールデンウイークに入る直前の土曜日、我が家で宴会をすることになっていた。『片野ゆかさん』にも声をかけていたので、よければ夕方少し早めに来て、一緒に河川敷を散歩しませんかと『マド』を連れていつもの散歩コースへ。しかし基本ビビリなマド。せっかくの広場にもまったく喜ばず。ロングリードの意味なし。まぁ自分のペースで楽しめばいいやと思っていたが、そんなマドに襲いかかる白い影。

130501-2.jpg

いえーい、遊ぼうぜー。

130501-3.jpg

遊ぼうぜー、こんにゃろー。

130501-4.jpg

遊ぼうったら遊ぼうぜー。

130501-5.jpg

勢い余ってゴチーン、の図。

130501-7.jpg

何あの野蛮人……。
(つづく)





プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.101

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)