決意表明


130228-1.jpg

実は鎖骨に埋め込まれたボルトをまだ取っていない。名誉の負傷から約3年。なんで高い金払ってまた痛い思いをしなくちゃならんのだと先延ばしにしてきたが、やっぱり違和感はあるし、このまま臆病者として生きていくのもなんだし、何より大吉に男を見せなければならないので、そろそろ本気で抜いておきたい。というわけで、この春に取ることにした。またあんなに痛い思いをするのかぁ。嫌だなぁ。

130228-2.jpg

もしかしたら仕事が忙しくて夏頃になるかもしれない。




その態度


130225-1.jpg

少し前に『ラグ』のことについて書いたとき、読者の方からドイツ製の「スーパーブラシ」というのがいいですよ、と教えてもらった。調べてみたらなかなかよさげだったので、今更ながら買ってみた。こんなやつ。さすがドイツ製、ゴツゴツしとる。

130225-2.jpg

使ってみた素直な感想は、たしかにコロコロで取れない抜け毛はとれる。が、当たり前だが一網打尽という感じではない。やっぱり多少は残る。というか、ラグと大吉の毛が同色すぎてどれくらい残っているかよくわからんという致命的な事態になっている。

130225-3.jpg

カーペットでも試してみたが、そっちは絡まっていた毛がもさっと取れるのでわりと気持ちいい。でも隅から隅までちまちまとこれで掃除するのは、わりと面倒。それにやってもやってもキリがない。結局「まぁ、抜け毛はしょうがないか」という犬飼い特有の諦めの境地になって、適当な掃除になってしまうと思われる。

130225-4.jpg

しかし興味ぐらい示せよ、お前。









<お礼>
2月22日に富士丸へのコメントをくださった皆さん、
どうもありがとう。

本の宣伝


130221-1.jpg

お知らせです。私が編集協力で関わった本がこのほど出版されました。著者は元海上自衛隊の「海将」で、その後ホテルチェーンの社長になったという経歴の持ち主なんですが、あの阪神大震災で実質的に救援活動を指揮した方です。何度かお会いしたんですが、物腰の柔らかな、それでいて男気溢れる素敵な人です。

130221-2.jpg

タイトルは『危機突破リーダー』といって、ジャンル的にはビジネス書になるはずですが、実際にその場にいた人だからこそわかる話が盛りだくさんで「そうなのかぁ」といろいろ納得させられる部分があると思います。特に、自衛隊の人がどんな気持ちで救援活動をしているのか、どんな覚悟で日々活動しているのかなどは、話を聞いて頭がさがる思いでした。言ってることも非常にまっとうで「こんな人がリーダーだったらいいのになぁ」という印象でした。ワタスの名前はクレジットされておりませんが、編集や構成でこの本に携わっております。興味のある方はぜひ読んでみてください。

130221-3.jpg

どうぞよろしく。




親心


130213-1.jpg

いつの間にか、大吉のごはんは手作りになっている。仔犬の頃はドライフードを喜んで食べていたのに、ある日突然食べなくなり、種類を変えたり、トッピングをしたり試行錯誤をしているうちに気がつけば手作りするようになっていたという、前とまったく同じ展開になっていた。といっても毎回作るのは面倒なので、週に一度大きな寸胴で鶏肉や豚肉、野菜類などを細かく刻んでから煮込んだものを小分けにしてジップロックで冷凍保存している。手間といえば手間だが、まぁこれくらい何ともない。

130213-2.jpg

こいつも何とも思っていない。









<お知らせ>
iPhone、iPad用のアプリ『MUSIC LIFE plus』(無料)
の「Vol.13」がアップされました。

今回はちょっとマニアックなソロアルバムを。
でも本当に「あの人」が歌う「あの曲」は妙にいいんだよなぁ。

日だまりで


130211-1.jpg

ようやく寒さがやわらいできて、晴れた日は日差しが心地良い。

130211-3.jpg

そう感じるのは犬も人間も同じらしい。

130211-2.jpg

ベッドにあがるのを許した覚えはないのだが。





眠る犬を眺めて


130205-1.jpg

ある夜の寝落ちした大吉。この日はドッグランでよその犬たちと走り回ってさんざん遊んだせいか、いつもより早く寝た。くーくーと寝息を立てている。夢の中で遊びの続きでもしているのだろうか。すやすやと眠る大吉を眺めながらそんなことを思った。

130205-2.jpg

しかしなぜだろう。大吉の頭は、たまに禿げズラをかぶっているように見えるときがある。毛はもさもさだしそんなはずはないのだが、頭のてっぺんだけ禿げた、落ち武者的な感じというか。もしかしたら前世は哀れな最期をとげた武士なのだろうか。すやすやと眠る大吉を眺めながらそんなことを思った。

130205-3.jpg

それはさておき、ここがすごく気になった。




淡い期待


130201-1.jpg

犬は普段の散歩も喜ぶが、それ以外の「イレギュラーなお出かけ」は大喜びする。大吉も変な時間に一緒に出かける支度をすると「え、マジで?」という感じで一気にテンションがあがる。

130201-2.jpg

外へ出るとおおはしゃぎ。期待に胸を膨らませているもよう。

130201-4.jpg

いつもの散歩と違って、ぐんぐん前に行く。

130201-3.jpg

どこへ行くのかなーどこへ行くのかなー、の図。

130201-5.jpg

狂犬病の予防注射でした。




プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.103

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)