あやしい助手


やっぱり時差ボケでしょうか。まだ少し頭がぼうっとしております。といっても時差は2時間しかないんだけども。さて、インドネシア旅紀行の前に、まずは今回の旅の目的と行程を書いておこうかと。インドネシアへは藤田教授にお供するかたちで行ってきたんですが、実は旅そのものの目的は健康診断だったのです。

100714-1.jpg

藤田教授はもうかれこれ40年間に渡り日本企業の現地駐在員の健康診断を毎年行っており、頼み込んでそこに同行させてもらえることになったのです。メンバーは藤田教授の他に『生理科学研究所』の川口先生、そして一応「助手」という役所のわたくし。

100714-2.jpg

助手といっても医学的な知識は皆無なので、「次の方どうぞ」的なこととか、尿検査用のコップを渡したりとか、それくらいしか出来ないんですが、「医師団」に紛れ込ませてもらったんです。藤田教授曰く「医者でも学生でもない人間を連れて行くのは初めてだよ」とのことだったんですが、自腹切っても同行してみたかったもので。

100714-3.jpg

そんなわけで、一足先に現地入りしていた先生がたと4日の夕方ジャカルタで合流し、翌日からスラバヤ→プロボリンゴ→スマランと各地を回ってきたわけです、助手として。白衣まで着て。さらにちょっとでも賢そうに見せようとダテ眼鏡までかけて。

100714-5.jpg

検診以外にいろいろなところへも行ったんですが、おかげで普通の旅行では味わえないような経験ができて、かなり楽しい旅となりました。もちろん現地では「あ、僕、実は医者でもなんでもないので」と断ってはいたものの、俺って意外に白衣が似合うかも、と思ったのでした。

100714-6.jpg

若干胡散臭いけど。








<連載>
『犬のお気楽相談室』がアップされました。

<お知らせ>
書籍版『犬のお気楽相談室』
イラストの原画をプレゼントしますー。
詳しくは『コチラ』をご覧ください。


プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.104

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)