大吉の遊び心


171122-1.jpg

大吉はたまに、たいして興味もないくせに福ちゃんが一生懸命噛んでいるオモチャを奪おうとすることがある。

171122-2.jpg

死守しようとする福ちゃんだが、脇が甘いのと大吉の頭脳には勝てないので、だいたいひょいと隙をつかれる。

171122-3.jpg

ただ、奪うわけではなく、引っ張り合いになっても最終的に大吉が離して返してやる。本気でやれば絶対負けないはずなのに。

171122-4.jpg

そういうようすを見ていると、完全に「おちょくっている」という意図があるとしか思えない。犬にもそういう感覚があるのだろうか。

171122-7.jpg

おちょくりたくなる気持ちはすごくわかるが。
















<お知らせ>
品切れ中だったモノも含めて『にんにんT黒&白(各種)』の販売を再開しました(この季節に)。在庫がなくなり次第販売終了となりますので、ご希望の方はこの機会にぜひ。



山の家のリビング


171120-1.jpg

行く度に少しずつ掃除したり、いらないものを処分したり、家具を買ったりして、ようやくここまで来た。手をつける前の写真を撮るのを忘れていたのでビフォーアフターがお見せ出来ないのが残念だが、ほぼすべて揃えた。

171120-2.jpg

といっても全部買ってる余裕はないので、家にあるものを持ってきたり、ヤフオクで掘り出し物を探したり、棚やテーブルはDIYで作ったり(嫁が)したもの。オーディオセットもヤフオクで中古を探したので、全部で2万円もかかっていない。

171120-3.jpg

ただ、暖房器具だけは寒冷地仕様のものを付けないと凍え死ぬと聞いたので、奮発して高い石油ストーブを付けた(右側)。これがめっちゃパワフルで、隙間だらけのボロ山小屋がポカポカになった。ちなみに、山の家周辺の朝はもう氷点下だった。

171120-4.jpg

彼らは全然平気そうだったけど。
















<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
「どうする?冬の山小屋ライフ」


あと、デロリアンズ通信Vol.307、308を配信しました。




焼鳥大福メニュー紹介


171115-1.jpg

犬OKの焼き鳥屋「炭火焼鳥大福」のメニューもぼちぼち固まってきたので、このあたりで一度きちんと紹介させてもらおうかと。

171115-2.jpg

まず、ねぎま(タレ)。「ねぎまは塩で!」という人もいるかと思うが、ぜひ一度は焼鳥大福特製タレで味わってみて欲しい。炭火で焼いたネギと鳥の香りが染み込んだタレは、かなりいい感じに育っているので。

171115-3.jpg

続いて、皮(塩、少し強気目)。当店の皮は下茹でして余分な脂を落とし、ぶよぶよした部分は使用していないので、焼き上がりはほどよいカリパリ感に。「皮は、ちょっと」という人も、これならきっと美味しく食べられるはず。

171115-4.jpg

そして、手羽先(塩)。これはぜひ串から抜いてワイルドにかぶりついてもらいたい。そんでビールをぐびぐび飲んでもらいたい。

171115-5.jpg

さらに、つくね(タレ)。これには刻んだシソと生姜を混ぜているので、食べると香りが広がるようになっている。愛を込めて仕込んでおります。

171115-6.jpg

少し味を変えて、シソ巻き梅肉和え。鶏肉と梅肉って、もの凄く合うので、騙されたと思ってぜひ食べてみてもらいたい。

171115-10.jpg

犬OKなので、もちろん犬用メニューも。といってもムネ肉を串に刺して炭火で焼いただけだが、これを冷ましてからほぐしてあげると喜んで食べてくれる。

171115-8.jpg

シメは、特製大福丼(小さい味噌汁付)。炊きたてのご飯に、焼いたねぎまを乗せて特製タレをたっぷりかけたら出来上がり。いかがでしたでしょうか。八ヶ岳にお越しの際は、ぜひご予約のうえご来店ください。

171115-9.jpg

5年後くらいにオープンすると思うので。

















<お知らせ>
『DeLoblog』が更新されております。






プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。
さまざまな職業を経て、なりゆきでフリーランスのライターになる。犬と猫と音楽と酒が好き。釣り人。株式会社デロリアンズ代表。
mail:anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

ねこ 2017年 Vol.104

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)