FC2ブログ

めまい対策


190322-1.jpg

昨年11月に「良性発作性頭位(とうい)めまい」になったときも、症状が治まってから上を向いたり振り向いたり頭を動かしたときに、ふらっとすることが2ヶ月くらい続いていた。よろめいたりするほどではないし、ほんの一瞬なので問題はなかったが、嫌だなぁと思っていた。
(訂正:「ずい」ではなく「とうい」と読むのね。間違いだったみたいです、ごめんなさいよ)

190322-2.jpg

今回も似たような感じだったので色々調べてみたところ、耳石を元の位置に戻す(?)体操みたいなのを見つけて試しにやってみたところ、なんとふらつく感覚が一切なくなった。もっと早くやれば良かった。

190322-4.jpg

「めまいの即席治療法」とか「良性発作性頭位めまい症を解消する体操」で検索したらいくつか動画が見つかると思うので、同じ症状の人は試してみてね。すべての人が改善するわけはないと思うけど、私はこれで解消したので。

190322-5.jpg

めまい仲間たち、健闘を祈る。















<お知らせ>

190322-6.jpg

先日、久しぶりに藤田教授に会いに行ってきました。アレルギーや免疫、腸内細菌についてたくさん面白い話を聞けたので、近いうちに『犬のはなし』で書きます。どうぞお楽しみに。

デロリアンズ通信Vol.450を配信しました。



めまい再び


190318-1.jpg

土曜の朝起きると、視界がぐるんぐるん回っていた。その瞬間「またか!」と思った。昨年11月になった『良性発作性頭位めまい』だ。いつ再発するか分からないと言われていたが、まさかこんなに早く来るとは。経験者は分かると思うが、視界が回ると、とにかく吐きそうで気持ち悪い。

190318-2.jpg

前回、薬が効いたの速攻で余っていたで薬を飲むが、1時間待っても効果がない。しかもこの前は毎回3秒ほどで収まったのに、10秒以上回りつづけるから気持ち悪いのなんの。仕方なく耳鼻科へ行くが、やはり「良性発作性頭位めまい」とのこと。

190318-3.jpg

結局、ほとんど食べずに土日は寝て過ごした。珍しく夜にも酒は一滴も飲まず。というか、気持ち悪くて飲む気にならない。「あぁ、酒が飲めるのは元気だからなのか」と改めて実感。みんな、めまいには気をつけような。気のつけようがないけれど。

190318-4.jpg

そんなわけで、今朝になってやっと復活しました。
大福は変わらず元気です。














<お知らせ>
『犬のはなし』も更新されております。
山に行くと犬は若返る?

あと、デロリアンズ通信Vol.449を配信しました。






弟思いの兄は


190315-1.jpg

大吉は、ときどきタヌ吉を気遣うような仕草や、優しい眼差しで見ていることがある。

190315-2.jpg

たまに毛づくろいをしてあげることもある。

190315-3.jpg

血は繋がっていないが、長く一緒に暮らしてきた中で、大吉は弟をいつくしむ兄の顔になっている。

190315-4.jpg

そして弟に「止めろ!」とキレられるという。















<お知らせ>
長らく品切れ中だった「オーガニックコットン犬用ベッドS」「オーガニックコットン犬用ベッドM」を入荷しました。



プロフィール

穴澤 賢 (あなざわまさる)

1971年大阪生まれ。フリーライター(鎌倉市腰越在住)。犬と猫と音楽と酒が好き。自称釣り人。2015年11月、長年の愛犬との暮らしで欲しいと感じたものを作るブランド「デロリアンズ」を立ち上げる。

anazawa_masaru[at]yahoo.co.jp([at]→@)

大吉(だいきち)

2011年(8/17)茨城生まれ。
里親募集サイトからもらわれる。何がまざっているかわからないくらいの雑種犬。左右の耳の立ち方が違うのが特徴。若干ビビリ。

福助(ふくすけ)

2014年(1/11)生まれ(推定)。 センターから保護団体を経て我が家へ。収容される前の経歴は不明。本棚から器用に本(ハードカバー)を抜き出して粉砕するのが趣味。

2019年2月号 Vol.109

「犬飼いから見たねこの不思議」連載中

DeLoreans Shop おすすめ商品
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
いつでも里親募集中! ただのいぬ。プロジェクト 富士丸な日々

管理人オススメ

「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」
(新潮社)



(コメント) マドの飼い主、片野ゆかさんの本。ためになりました。

「ソウルメイト」
(集英社)


(コメント) 馳星周さん初の犬小説。僭越ながら帯コメントを書かせていただきました。

「寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち」 (飛鳥新社ポピュラーサイエンス)

(コメント) この内容でこの価格で出すところがスゴイ!

月別アーカイブ

当サイトはリンクフリーです。
(画像の無断転載はご遠慮ください)